コウオモウ。

三角の硝子とキュートな辛夷の花

為永幸音さんが魅力的過ぎた!!

f:id:kou_san910:20210504230008j:plain

2021年5月2日・3日に福岡国際会議場 メインホールで行われたHello! Project 2021 春 「花鳥風月」に行ってきました!!

 

そして…

 

為永幸音さんにメロメロになって帰ってきました!!

 

花チーム公演の座席が非常に良かったのもありますが、浴びるほどのレスを頂いてしまい…ワタクシ、完全にKOされました。

元々、研修生時代から為永幸音さんって気になる存在ではあったので、ピンク系のシャツ着て、白とピンクのペンライト振ってたんで、自分からハマりに行った感は否めないんですが、結果的に倍返し(今更…)どころか10倍返し100倍返しされた感じ。

 

まあでも、これで船木結さんが卒業した後のアンジュルムの1推しが為永幸音さんで確定したので、それはそれで結果オーライかなって気がします。

(相川茉穂さんが卒業した時は、アンジュルムの1推しを船木結さんにするまでの間、かなりふわふわしてしまったんで…)

 

というわけで、今回は為永幸音さんの魅力について書き綴ってみたいと思います。

ハロプロ研修生28期として加入

f:id:kou_san910:20210505011356j:plain

為永幸音さんは、ハロプロ研修生の28期として加入したわけですが…

 

この28期というのが、そもそも「ハロー!プロジェクト20周年オーディション」の最終選考まで残ったメンバーでもあるので、同期には研修生ユニットからデビューを決めた窪田七海さんや、デビューを目指して頑張っている松原ユリヤさんがいて…

さらに金光留々さんや出頭杏奈さんなど、残念ながら辞めちゃったメンバーもいるので、現時点で残っているのが3人というのは少し寂しいんですが、28期自体かなり層が厚かった印象でした。

f:id:kou_san910:20210505170142j:plain

f:id:kou_san910:20210505012752j:plain

プロフィール紹介とかしようと思ったんですが、為永幸音さんの特徴を端的に示したツイートがあったので、そちらを引用させていただきます。

この「熱血あざとい系」っていうのが言い得て妙だなと思います。

研修生時代から気になる存在

f:id:kou_san910:20210505173451j:plain

為永幸音さんの研修生時代の印象は「」。

何で緑かというと、2018年夏のハロコン「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 SUMMER ~ALL FOR ONE・ONE FOR ALL~」に帯同していて、その時の研修生の衣装が例の緑だったのと、正規メンバーの統一衣装も緑だったから、やけに「緑」がインプットされてるんですよね…

その時、すでににこにこ笑顔とキビキビした動きが印象に残ってました。

さらに、「モーニング娘。'19コンサートツアー春 」でもチャレンジアクトとして帯同していたので、他の研修生と比べたら気になる存在として深く印象に残っていたわけですが…

 

決定打のなったのはやっぱりコレ!!

℃-uteばりに高いハイヒールを履いて挑んだ公開実力診断テスト。

ここで気魄のパフォーマンスを披露し、見事ダンス賞を勝ち取り…結果的にデビューの切符を手に入れるわけです。

 

実力診断テストの時の評価は上記の記事で書いた通りですが、歌は粗削りながらも気魄がそれを凌駕した感じで、為永幸音さんに1票を投じました。

これまであまり興味がなかった「ハロプロ研修生」という分野に興味を持たせてくれたのは、ひとえに為永幸音さんがいたから…という気がします。

アンジュルム9期メンバーとしてデビュー

f:id:kou_san910:20210505181915j:plain

振り返ってみると、アンジュルム新メンバーとしてサプライズ発表した時の設定が「筋トレの取材」

そこからもわかるように為永幸音さんと言えば、パフォーマンスに対してとにかくストイックなんですよね。

しかも後輩の研修生の面倒見もよく、ライバルでありながら慕われる存在でもあった為、一般から加入した松本わかなさんと川名凜さんにとっては、橋渡し的な心強い存在。

そして、同じ時期に研修生をしていた橋迫鈴さんにとっても、頼れる後輩が入った事でステップアップした感があり…

 

和田彩花さんから船木結さんまで続いた卒業ラッシュにより、もう少しガタガタになるかと思われたアンジュルムが、9期メンバーを迎えてからなんか新しい風が吹いてなんだかいい感じにまとまってきていて、その辺って実は為永幸音さんの存在が大きかったのかなぁ…なんて勝手に思ってたりします。

と、ここまで長い長い前置きを書いてきましたが、そろそろ本題に移りますね。

Hello! Project 2021 春 「花鳥風月」での感想

為永幸音さんが、福岡公演後に書いた自身のブログなんですが…

最近メンバーともよく目が合うし、
お客さんともよく目が合うんです!!💕
 
ちょっとずつ自分がパフォーマンスに対して自信や余裕が出てきたのかなぁ〜と思えて、
 
すごく嬉しかったです☺️👍

…確かにめちゃめちゃ目が合いました♡

随所でウインクもバチバチ入れてくるし、お客さんに向かってやる振り付けもそうだし、上のセンターステージにいる時ですら見られてる…

(妄想含めてですが)もはやロックオン状態!!

 

そんな私を「チョロい」とでも、何とでも言ってもらって構わないですが、花チーム公演が終わった時には完全に骨抜きになってました♡♡

 

ただ、これだけだとあまりにも「いっぱい目が合ったから」っていう短絡的な理由に終始してしまうので、パフォーマンスから伝わってきた魅力をもう少し補足しておきたいと思います。

野村みな美を彷彿とさせるパフォーマンス力

f:id:kou_san910:20210505230520j:plain

為永幸音さんのダンスパフォーマンスを見ていると、動きひとつひとつのキレとか、片足で小刻みにリズムを刻む感じとか、自分の歌割りじゃないところでも一緒に歌っているところとか…

どれも野村みな美さんのパフォーマンスを見ていて好きだなぁと思った事ばかり!!

そう考えたら、小柄な体を大きく動かし、誰よりもダイナミックに踊る姿は、みなみなのそれに近いのかもって思ったんです。

 

そういえば、野村みな美さんがかつてブログにこんな事を書いてました。

あと、為永幸音ちゃんのドヤ顔は天下一品ものだと感じましたね笑笑
 
幸音ちゃんは、他の曲でも全力で、
全力であざといに振り切っていたりと、
スイッチングがちゃんとしてるなと思いましたし、1つ1つの曲に合わせて全力でやり切っているのが伝わってきました。
 
いろんな表情が見れました!!

みなみなが言う「スイッチング」

これって実はみなみな自身の最大の魅力だったりもするんですが、パフォーマンスはクソカッコいいのに、MCになるとポケポケモード突入というとてつもないギャップ!!

為永幸音さんもこの系統で、普段は柔らかい物腰で育ちのいいお嬢さんなのに、いざスイッチが入るとバキバキのパフォーマンスするから、やっぱりギャップ!!

この辺のパフォーマンスとの「ギャップ」があるところも野村みな美さんっぽくていいなって思います。

 

じゃあみなみなと違うところって考えると…

良いと思う所は「表情」

それこそスイッチングでカッコいい曲の時のドヤ顔は最高だし、かわいい曲の時は目を細めてにっこり笑う。ころころ変わる表情を見てるだけでも十分楽しめます。

 

逆に今後の課題かなって思うところは「歌」

野村みな美さんのパフォーマンスは表現力もさることながら、一番の良さはやっぱり歌唱力の確かさなんですよね。ビブラート効かせまくりの歌声は本当にカッコいい。

為永幸音さんはまだ力任せな感じが否めないので、その辺が向上してきたらとんでもないパフォーマーに成長するかも…

そんな成長曲線を長い目で楽しむのもいいかなって思いました。

 

なんか勝手に野村みな美さんと重ねてしまいましたが、為永幸音さんは為永幸音さんなんで、これから為永幸音さんの良さをしっかり探していこうと思います。

終わりに…

そんなわけで、花鳥風月4公演見終わって一番残ったのは「為永幸音ちゃん良かった~♡」でした。

パフォーマンスはバキバキでファンサもいいとか、私からしたら見どころしかない!!

キャリア考えたら研修生時代はあれど、まだデビューして半年ぐらいだし、例年と比べたら客前のパフォーマンスだってそこまで積めていないだろうから、今の時点でこれだけやれたら十分すごいと思うし、何より本人が非常にストイックである事が素晴らしい。

そんな人としての魅力も込みで、これから為永幸音さんを推したいと思います!!

 

真面目過ぎるので怪我にだけは十分注意してほしい。

私が願うのはそれだけです。